末沢寧史(文)・小林豊(絵)|海峡のまちのハリル
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

末沢寧史(文)・小林豊(絵)|海峡のまちのハリル

¥2,970 税込

送料についてはこちら

100年前のオスマン帝国(現トルコ共和国)を舞台にした物語。トルコ伝統のマーブリング紙(エブル)をつくる職人の孫ハリルと日本人の貿易商の息子たつきが出会い、友情を深めていきます。 背景が異なるもの同士が重なり、新しい世界を作り上げていくーー出会いから生まれる希望が描かれた一冊。 本に想いを込める、という言葉が相応しい丁寧な造本も魅力です。 206mm ×304mm / 58p / 上製本 ※手作業で表紙を加工しているため、表紙に貼ったシールや切手のデザイン、消印の位置が少しずつ異なります