new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

著・アンドレイ・プラトーノフ  訳・工藤順・石井優貴|チェヴェングール

¥4,950 税込

送料についてはこちら

「もっとも謎めいて、もっとも正統的でないロシア作家」とも称されるプラトーノフの代表作にして生前に完成した唯一の長篇小説の初邦初訳『チェヴェングール』が入荷しました。 主人公である孤児アレクサンドル(サーシャ)は、ボリシェヴィキ(中央集権的共産党組織を主張したレーニンを支持した革命的左翼)となり、親友のコピョンキンとともに共産主義を探して県域を放浪、理想郷チェヴェングールを見出し自滅するまでを描いたある種の冒険譚です。 20世紀の重要な作家3人のなかのひとりとも言われる著者による【愛と憂鬱の〈ユートピア〉の世界】をお楽しみください。 <解説> 古川哲氏「あるいはそうであったかもしれないロシア革命」収録。 <付録> P・P・パゾリーニ「アンドレイ・プラトーノフの『チェヴェングール』」+関連地図+主な登場人物 198mm×138mm / 624p / ハードカバー