new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

皆本夏樹|フェミサイドは、ある

¥1,100 税込

送料についてはこちら

タバブックス・gasi editorial ZINE第二弾『フェミサイドは、ある』が入荷しています。 2021年8月6日夜、小田急線車内で女子大学生が複数回刃物で刺されて重傷を負い、男女3人が切りつけられ、6人が転倒するなどしてけがをした事件ーーー容疑者の供述として、「幸せそうな女性を殺したい」と殺意を持って女性を刃物で刺したと報道されました。これは「性別を理由にした女性の殺害」と定義される「フェミサイド」でした。 <女性であることを理由に向けられた暴力と差別>をなかったことにしてはならないと考え、声をあげた一人の大学生の記録です。 <目次> まだ知らなかった日 ポストイット・テロリスト フェミサイドは、ある 要望書を作る #小田急フェミサイドに抗議します デモ 「私たち」とは誰か? 1ヶ月後の #小田急フェミサイドに抗議します デモ 南米の反フェミサイド運動 運動には人とお金と時間が必要だ 大学生たちが記者会見をする 内閣府男女共同参画局長に署名を提出する おわりに B6版 / 60p / 無線綴じ タバブックス 刊

セール中のアイテム