original
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/8

文:温又柔、絵:きたしまたくや|日本語に住みついて

¥1,870 税込

送料についてはこちら

『日本語に住みついて』刊行記念原画展の情報はこちら https://sunnyboybooks.net/news/636c8a03c808a44b6ba29f36 ※今ならお二人のサイン入りでお届けさせていただきます。 _ 小説家、温又柔さんによる信濃毎日新聞での連載企画「日本語に住みついて」( 2021年4月 ~ 2022年3月 )が、あとがきと制作メモを加えて本になりました。 連載中、挿絵を担当された絵描きのきたしまたくやさんによる12ヶ月分の絵に描き下ろし作品が追加されています。 日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した『台湾生まれ 日本語育ち』(白水社)、発売から重版を重ねる『「国語」から旅立って』(新曜社)に続く第3エッセイ集です。 _ 「 私にとっては、この日本語こそが、最も頼りがいのある言語であって、逆に言えば、 何をするのにも日本語にまずは頼らなければ、なかなかままならない。」 (本書より) _ B6変形サイズ / 104p / ガンダレ製本 / カラー 【プロフィール】 温又柔|Wen Yuju 小説家。1980年生まれ。創作は日本語で行う。 著書に『台湾生まれ 日本語育ち』『魯肉飯のさえずり』 『永遠年軽』『祝宴』など。 きたしまたくや|Takuya Kitashima 絵描き。1983年生まれ。柴田元幸・小島敬太翻訳『中国・アメリカ謎SF』や 郝景芳『郝景芳短篇集』などの装画を担当。 また国内外で展示を行う。

セール中のアイテム